アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
国境越えて切磋琢磨
ブログ紹介
XC Ski and Regatta enthusiast. Have a keen interest especially in Norwegian cross country ski as well as anything that are to do with Norway. This blog is dedicated to my nephew, Cain who is currently competing in XC skiing at university level and those Japanese with EXCEPTIONALLY high hopes to become a world-class cross country skier in the near future. (Updated as of Feb 2018)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
レンティング陽氏インタビュー第3回 「マックス走を長く維持させるトレーニングの必要性」
レンティング陽氏 インタビュー  第3回 「マックス走を長く維持させるトレーニングの必要性」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/18 10:04
レンティング陽氏インタビュー第2回 「世界で戦う為に、日本人選手が圧倒的に不足している要素」
レンティング陽氏インタビュー第2回 「世界で戦う為に、日本人選手が圧倒的に不足している要素」 レンティング陽氏 インタビュー  第2回 「世界で戦う為に、日本人選手が圧倒的に不足している要素」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/15 14:40
レンティング陽氏インタビュー第1回 「W杯30位以上の成績突破には、指導者の力が必要不可欠」
レンティング陽氏インタビュー第1回 「W杯30位以上の成績突破には、指導者の力が必要不可欠」 今春、現役を引退したレンティング陽氏を、彼が高校1年生の頃からずっと見守ってきた。引退の話を聞いた時は正直、複雑だった。まだまだ惜しいと言う気持ちと、英断だ、と言う気持ちと・・・・。現在ゴールドウィン本社に勤務。忙しいながらも充実したセカンドキャリアを送っている。シーズン終了後には入籍もされ、新生活をスタートさせたばかりの慌ただしい時期に、少しでも後輩達の役に立てば・・・、とインタビューを快諾してくれた。 5月20日に実施したインタビューは、ランチを挟んで5時間近くに及び、率直な意見やアドバイス... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/12 13:36
レンティング陽氏インタビュー 〜近日連載開始〜
内部事情を知らずとも、SAJの選手強化方針が、ジュニアにシフトしたことは、ジュニア選手の海外遠征の頻度や、FISレースへの派遣のされ方で、シニア選手の多くが感じていることだと思う。限られた資金が、現在ジュニア選手の強化に回されている、と言うことだ。そして同時に、シニア選手の多くは、過去5〜10年の間、競技に取り組む中で、日本のクロカン界が置かれている立場が年々窮地に追い込まれている、と感じているのではないだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/06 10:49
コーチ、選手間の信頼関係が最大の鍵〜更なる高みを目指すHeidi Weng〜
コーチ、選手間の信頼関係が最大の鍵〜更なる高みを目指すHeidi Weng〜 前シーズンに続き、2017-2018シーズンのW杯総合優勝を果たし、TDSでも勝利をおさめたHeidi Weng (26)。しかし、平昌オリンピックでの最高成績は8位どまり。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/05/27 19:52
更に+300時間の年間トレーニング量でカムバックを狙うJohaug
更に+300時間の年間トレーニング量でカムバックを狙うJohaug 唇の極度の日焼けを治癒させる目的で、ドーピング違反成分含有とパッケージに明示されているにもかかわらず使用し、ドーピング陽性反応で競技資格停止処分を受けていたTherese Johaug。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/05/24 11:30
2018-2019 FIS クロスカントリー 重要決定事項 サマリ
2018-2019 FIS クロスカントリー 重要決定事項 サマリ 先日13日から開催されていたFIS Congress の来シーズンに向けた重要決定事項は以下の通り: ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/05/23 21:37
Therese Johaug と共にSeefeld WSCへ!Bjoergenの五輪は平昌がラスト
Therese Johaug と共にSeefeld WSCへ!Bjoergenの五輪は平昌がラスト 平昌オリンピック最終日の昨日、女子30 Km CL Mass で、Marit Bjoergen が20kmから独走態勢に入り、ぶっちぎりで今大会2個目の金メダルを獲得。前回のSochiに続いて、平昌でも合計 4個: 金2, 銀1, 銅1、を獲得した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/26 18:25
W杯総合優勝を確実に狙う、Klaebo 50km辞退の英断
平昌オリンピック男子50kmは、フィンランドの Iivo Niskanen がオリンピックでは初となる金メダルを獲得。クラシカルが得意、と言うだけでなく、出場選手のスキー板の中で、群を抜いた完璧なグリップ力と滑走性が際立っていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/24 20:48
Johannes Hosflot Klaeboのテクニックについて、そして滑りを支えるもの
Johannes Hosflot Klaeboのテクニックについて、そして滑りを支えるもの 1月末に十日町で行われた全日本選手権男子15 Km CLのレース時に、グリップワックスが効かない急な上り坂で、先シーズンまでとは明らかに異なる、甥のヘンリボーンの姿を見て、レース後本人に何故走り方を変えたのかを聞いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/21 21:28
最高の待遇で最高の結果が求められるノルウェー・クロスカントリースキー
出産後2シーズン目、来月21日には38歳を迎えるノルウェーの Marit Bjoergenが、昨日の平昌オリンピック女子リレーのアンカーレッグで決意漲る素晴らしい滑りで新たな金字塔を打ち立てた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/18 15:29
ロシア・ナショナルチーム男女3000m タイムトライアル (各選手のタイム記載)
ロシア・ナショナルチーム男女3000m タイムトライアル (各選手のタイム記載) 現在ロシア・ナショナルチームが、平昌五輪に向けたトレーニングキャンプを、2週間の予定でノルウェーのLillehammer 近郊で行っている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/28 10:14
「自主性と言う名の迷路」からの脱出〜大学4年間にすべきこと〜
29歳にしてW杯総合優勝を遂げた遅咲きのMartin Johnsrud Sundbyの様な選手は例外で、クロカン強豪国ノルウェーのナショナル・チームメンバーの多くが、男女共に18〜19歳頃から国際舞台で「頭角」を現し始める。しかしながら、先シーズンの超新星、「20歳」のHoesflot Johannes Klaebo がW杯SP部門でいきなり1位、総合ランクでも4位になったりすることは、ノルウェー人選手の中でも、別格と言っていい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/05/21 16:59
大学生選手へ:ポールのハマーリング・推進力を生むダブルポール、スーパース ケーティング
大学生選手へ:ポールのハマーリング・推進力を生むダブルポール、スーパース ケーティング ウィンターシーズンが終了し、現在多くの選手が、リフレッシュ期間中に、来シーズンに向けたオフトレ計画を練り始めている頃だと思う。シーズン中の、慢性化した疲労を取りながら、リクリエーショナル・スポーツを楽しんだり、軽いジョグ、山でのポールウォークをする選手、或いは既にローラースキーを始めている選手も中にはいるだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/12 17:22
Martin Johnsrud Sundby の決断が今後スキー界に与える影響
Martin Johnsrud Sundby の決断が今後スキー界に与える影響 つい先日閉幕した Lahati WSC で、またしても個人種目では無冠に終わってしまった、ノルウェーの Martin Johnsurd Sundby (32)が、Lahati WSC 50K FRで金メダルを逃してたった7日後の11日、ノルウェーの Holmenkollen で行われたW杯 50K CLで雪辱の優勝を果たした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/14 15:16
大会と大会の合間のトレーニング・コンディショニング 〜米国チームの場合〜
W杯の1ピリが12月18日のフランス、La Clusaz大会を最後に終了し、現在多くの選手達は今日から始まる Tour de Skiの準備に余念がない。日本国内でも、今月中旬から本格的に大会が始まり、26、27日は北海道の音威子府で全日本選手権が行われていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/31 19:21
日本人選手 (ジュニア選手を含む)にも影響を及ぼしえるロシア人選手のドーピング問題
昨日、12月27日(火)に、Aleksander Legkov と Evgeniy Belov 本人がプレスリリースで、先頃発表されたMcLaren Report Part 2の影響で、資格停止処分になったと発表をした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/28 11:36
ロシア〜国ぐるみのドーピングを疑われW杯ファイナル開催見送りか〜
先日リリースされた McLaren Report 第2弾であらためて、ロシアが未だかつてない国家規模の大々的なドーピングを行っていたことがクローズアップされている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/16 20:21
2018年ピョンチャン五輪で再び頂点へ〜Therese Johaugの挑戦〜
2018年ピョンチャン五輪で再び頂点へ〜Therese Johaugの挑戦〜 ノルウェーアンチ・ドーピング機構が、Therese Johaugのドーピング問題に対し、陽性反応が確認された10月16日より14ヵ月間の競技活動停止処分が妥当である、と発表して1週間が過ぎた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/08 22:16
いまだかつてない緊張感の中で戦うノルウェー選手たち
今月26日(土)から、とうとうW杯がフィンランド Ruka で開幕した。今シーズンは、オフ期にノルウェーのMartin Johnsrud Sundbyの喘息薬の不適切な使用問題、更には Therese Johaug のドーピング違反薬を含む塗り薬使用による陽性反応問題で、今まで、クリーンなイメージの強かったノルウェーを見る世間の目が、非常に厳しくなった。Sundbyは2か月の競技活動停止処分を経て、第一線に復帰しているが、Johaug については、つい先日、ノルウェー・アンチ・ドーピング機構より... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/12/03 17:18

続きを見る

トップへ

月別リンク

国境越えて切磋琢磨/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる