新穂高温泉卿~郡上八幡の旅 No. 1

先日三連休の家族旅行は好天に恵まれ久しぶりに最高に
楽しい一時が過せました。奥飛騨の新穂高温泉郷は豊科
の実家から松本I.C ~R158/安房トンネル経由で、車で約
2時間。ここは2年前に同じメンバーで訪れましたが、滞在し
た宿「深山荘別館・槍の郷」がとても気に入り、甥っ子の
ケインも含め再訪を楽しみにしていました。

楽しかったのは確かですが、ややスリリングな道中・・・。
若干疲れました。と言うのも、先日の寒波の影響で奥飛騨に
も降雪が・・・!!本来なら、スタットレスタイヤに履き替えて
行きたかったところですが、どうにも間に合わず・・・。道路の
状態によっては、松本から高速バスを利用する事も考えて
いましたが、収集した情報を元に、普通タイヤでもなんとか
大丈夫だろう、との判断を下しました。実際、奥飛騨温泉郷の
入口、平湯温泉周辺は、道路に雪はないものの、それなりに
の降雪があった様で、運転はドキドキハラハラでした。12月
以降、長野・新潟の雪道を車で運転する事が多くなるので、
今回は我家の新入りRAV4を乗りこなす良い機会ではありま
した。(三日間の走行距離は約950kmになりました。)

今回の旅のメインは郡上八幡。初日の新穂高温泉郷では特に
観光はせず、まったりと宿の料理、豊富な湯量と質の高い
温泉をひたすら堪能しました。


「深山荘別館・槍の郷」
には、4種類の家族露天風呂、男女
それぞれに内風呂+露天ジャグジーがあります。源泉掛流し
100%、とにかく湯量がすごい!ジャグジーも温泉で、どのお
風呂も全て惜し気もなく、ガンガンお湯が出まくっています。
泉質はナトリウム炭酸水素塩塩化物温泉で、ほのかに硫黄の
匂いがして、体がとにかく温まります。

ここの温泉は24時間、時間制限ナシで利用でき、部屋数が7部
屋と規模が小さい為、他の泊り客と家族風呂争奪戦になる
こともありません。露天風呂の中で、私達のお気に入りは一番
大きい「山伏の湯」・・・ここには、なんとブランコがあって、ケイン
は「これ」が目的で、このお宿が大のお気に入りです。ここから
槍ヶ岳も望む事が出来て、景色も最高。内風呂の外にあるジャグ
ジーからは、満天の星空、夜空に浮かぶ山々のシルエットを仰ぐ
事ができ、とにかく・・・癒されます。


画像

ブランコを立ちこぎする甥っ子ケイン 「腹筋を使って
こげ~っ!」と激を飛ばした後は、もう少しまともに
立ちこぎ出来る様になりましたが、今の子供って、
ブランコの漕ぎ方もまともに知らないんでビックリです。



画像

「山伏の湯」から望む槍ヶ岳(中央の小さな先が
尖がった山が槍ヶ岳です)


11月初旬にタイミングよく新たに露天風呂が出来たのですが、
これが寝湯付き、総檜風呂。寝ながら極上の温泉に浸かりつつ、
槍ヶ岳の絶景も望めちゃう・・・ゴージャスなお風呂だなぁと
感動しきりでした。


画像

手前は以前からある「タルの湯」。「タルの湯」の奥にあるのが、
11月に新たにOPENした寝湯付き総檜風呂。



画像

おまけ・・・お茶目なケイン。


この時期気温もかなり低くなり寒さが気になるところですが、
宿の1階は廊下もトイレも、風呂場の脱衣場も床暖房で、ポカ
ポカです。

そして、お料理なのですがお食事の量は適量。私達家族全員
が一番感動しているのは、このお宿は、熱い料理は必ず熱い
状態で出して下さる事です。朝食の魚の干物でさえ、アツアツ
で出てきて、嬉しいの一言につきます。こじんまりしたお宿だか
ら出来る事かもしれませんね。ずっ~と続けて欲しいものデス。

~ 夕食の一部をご紹介 ~


画像
夕食/飛騨牛のホオバ焼


画像
夕食/アツアツの岩魚の塩焼き・・・もうタマリマセン!


画像
夕食/岩魚のお刺身も、新鮮で美味しい!


画像
夕食/マツタケの土瓶蒸し・・・全員が☆☆☆(☆3つ!)
押しの激ウマでした・・・香り&出汁・・・最高デス。



私は1泊二日の滞在中、計8回お風呂に入りました。宿泊料を
考えると、元は十二分に取れたかナ!?と思います。

このお宿の難点と言うか・・・その後、飛騨路を巡って気付いた
事なのですが、どうやら飛騨の人って県民性で愛想がちょっと
ないみたい?(失礼な事は承知で・・・お許し下さい。)特に女性
の無愛想さが、妙に気になってしまったBlytheなのでした。
サービス業なら・・・って話です・・・。(>_<)

明日は、二日目に訪れた郡上八幡についてご紹介出来たら
と思います。



この記事へのコメント